副業の準備とは

誰もが簡単に副業に取り組める時代になりました。
実際に、インターネットの環境さえあれば特定のスキルがなくても誰でも簡単にスタートすることができますしそれなりの収入を得ることも可能になっています。

しかしながら、実際に副業を行うにあたってはいくつかのチェックポイントがあります。もちろん、本業の企業が副業を許しているかどうかというのが1番最初のポイントになります。そして何よりもコンプライアンス上重要になるのが、税金になってくるのではないでしょうか。

正直なところ一般のビジネスマンであれば税金は人事部門や経理部門が給与天引きと言う形で処理をしてくれますので意識をすることなく終わっていると思います。しかしながら、副業で自分自身が収入を得るようになった場合どのように税金を処理すれば良いのかは全くわからない方の方が多いのではないでしょうか。

そのような環境においてどのように副業の税金を考えるのか、事前に確認をしておく必要があります。
例えば、実際に副業を行うにあたって毎月どの程度の収入があれば税金を支払う必要があるのか、または確定申告をする必要があるのか、場合によっては家族全員で副業を行った場合の税金のあり方などがここに当たってくると思います。

もちろんのことながら、それなりの規模で将来的に事業を始めようと思う方であれば勉強もしていますし、場合によっては税理士さんなどがついているので簡単に処理をしてもらえるかもしれません。

しかしながら、個人でちょっとしたお小遣い稼ぎの範囲で副業を行うにあたってはこのような税金についての知識はなく、誰も手助けしてくれないのは当たり前ではないでしょうか。
実際にアンケートサイトやポイントサイト、ちょっとしたクラウドソーシングの仕事で一定以上の収入を得ることになった場合、税金が必要なのかどうかなど意識している方の方が少ないと思われます。

だからこそ、実際に副業を行う前に最低限の知識として毎月どの程度の収入があれば税金を支払う必要あるのか、どのような仕事であれば税金を支払う必要があるのか、どのような形で代金を支払うべきなのかを下調べしておく必要があると思います。

もちろん、なかなか周りにオープンにできない以上インターネットでの調査や口コミなどを前提に調査していく必要もあると思います。結果的にコンプライアンスが守れないようでは個人の副業も長続きしない、失敗に終わる可能性もありますので。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする