カメラや動画機能の活用

スマートフォンは日常持ち歩くもの、カメラや動画機能が優れており、プロレベルのクオリティーが求められない限り、インターネットやSNSに利用しても全く問題ないレベルになっています。 
だからこそ、このような日常の風景や作品を狙って必要としている企業が数多くあります。

実際に一般消費者にとってプロが撮ったきれいな動画や静止画よりも一般消費者、要するに自分たちと同じ視線で撮影したものを参考にした方が良いと考える場合が多いからです。 
例えば飲食店で考えてみましょう。これだけ様々な飲食店をSNSやインターネットで取り上げるにあたって、最も重要なのは一般消費者がどのように楽しんでいるかです。食事の様子や、メニューをインターネットやSNSの状態を見て、それも消費者の印象を確認した上で予約することが非常に多くなっています。 
プロの目で点数をつけるよりも自分自身の手順で点数が続いた方が計算には良いからです。

だからこそ、飲食店側が自らのインターネットサイトやSNSに必要とする材料として消費者から写真や動画、コメントを求める時代になりました。 
そして、それぞれの単価はそれほど高くないものの、スマートフォンから指定された様式で静止画や動画、コメントを登録することによって少しでも収入を得るようなビジネスモデルが広がってきています。

そして登録する側にとっては、日々自分自身が体験することをそのまま登録するだけで収入につながるのであれば非常にメリットがあると言えるでしょう。もちろん、それほど単価は高くないかもしれませんが、特別な作業を行うわけではないので非常にメリットがあるのです。

もちろん、自分自身のSNSやブログでこうした体験をあげている方々にとっては渡りに船の副業だと言えるでしょう。実際にアップロードするデータについては転用する事は禁じられていますのでうまく自分自身のSNSやブログのデータと使い分ける必要がありますが、せっかくであればきちんと収入を得られた方がメリットがあるといえます。

今後は、スマートフォンを利用しながら情報を提供するようなビジネスはどんどん増えていくと言えるでしょう。飲食店だけではなく観光地が様々なサービスも含めて。
自らの体験を形にして少しでも収入につながるのであればさらにその需要は広がっていくと思いますし、サービスを提供するのにとっても市場拡大につながります。間違いなく市場にとってはプラスです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする