投資で重要となるのが複利

投資で利益を生み出すためには、複利の活用がおすすめです。

副業代わりにも有効と口コミでも人気となっている投資には、単利と複利という形があります。単利とは、出資をした金額だけを元に利益を生み出していく方法です。それに対し複利は、利益が出れば出資金にその利益を合算しそこからまた新たな利益を生み出していく形となります。

副業として投資を始めるのであれば、出た利益は少しでも早く返金をして貰い自由に使いたいと考える人も多いでしょう。確かに、早めに利益分の返金を受ければ、自由に使えるお金が増えることになります。ただ、投資というのは当面のお金を得るための手段というよりも、中長期的に続けていくことで将来の資産を増やしていくものです。

利益をその都度返金していく形にすれば、資金はいつまでも増えず、発生する利益も伸び悩む状態となることは少なくありません。それに対し、発生した利益もその都度、資金に合算していく複利という形を取れば、継続をすることによって資産が増え続けていくだけでなく、利益も出やすい状態となります。複利という形を選んでおけば、20年後には出資した金額の倍以上の金額を手にできる可能性もあります。そのため、副業の代わりとして投資を始めたいという時は、複利の活用を考えておいて損がありません。

そんな福利効果を実感するために重要となるのが、時間です。複利を選んでも、最初の数年は緩やかにしかお金が増えない状態が続きます。思うように利益が出ないと感じると、詐欺ではないかと感じてしまったり、今すぐにでも解約をして返金をして貰いたいと考える人もいるでしょう。しかし、投資というのはいきなり大きくお金が増えるものではないため、最初は緩やかな増加であっても詐欺ではありません。

根気よく投資を続けていけば複利効果が出始め、雪だるま式にお金が増え始めるようになっていくことが殆どのため、将来の資産を増やしたいのであれば焦らないことが大切です。そんな複利効果をしっかりと実感したい場合は、積立型の投資信託を選んでおくと良いでしょう。

10年や20年などの長期間、積立を続けるのは大変と考える人も多いでしょう。しかし、積立の金額は手軽に増やしたり減らしたりすることができるようになっています。そのため、ライフステージの変化により収入が増減することがあっても、慌てず対応をすることができます。少しずつでも積み立てを続けていけば、今よりも多くの資産を手にすることができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする